読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けっこう登ったひるサイ

体重=59.6kg・体脂肪率=6.8%

練習に行こうとして玄関で準備をして、扉を開けたらぶーちゃんが遊びに来ました。気温低めで涼しい時は、膝の上に勝手に上がってきます。

f:id:naranikki2:20160725064919j:plain:W300

こちらの『すぐに出かけなきゃいけない感』を察したのか、しがみついてきて『うごきたくないにゃー』。

f:id:naranikki2:20160725064925j:plain:W300

無理やり動かそうとしたら、睨みつけてきました。

f:id:naranikki2:20160725064930j:plain:W300

 ぶーさんを残して家出したら、このひと、しばらく機嫌が悪かったしいです(臼井談)。

今日も二班だて構成で、先発隊は6:30に入間大橋。鎌形さんと屋代さんにご一緒していただき、三人で長引きモードで山方面へ。途中で松村さんと居鶴さんが合流。強度はさほど上げていないし気温も低いので休憩はなし。本隊(後発隊)の到着前に横松郷を二本やっちゃいます。程よく脚の揃ったメンバーでもあるので、一本目は隊列を組んで崩さず、合わせて綺麗に登る練習。ひるサイではこういう基礎練習はあまりやりませんが、少人数だと意思統一を図りやすく、たまにやっておくといいもんですよ。グルペットの練習にもなるし(笑)。

二本目は佐野くんも合流して全力で。先行した佐野くんをえっさほいさと追い掛け、最後の最後になんとか届きました。

下って行って本隊に合流し、結構な人数になって三本目。先行した簑原くんをえっさほいさと追い掛け、最後の最後になんとか届きました(が、飛田さんを連れて行っちゃったので最後にズバッとヤラレタ)。

naranikki2.hatenablog.com

久しぶりに、ちょびっと追い込み度を下げて長めの峠を走っておきたいトコだったので笠山へ。以前は『七重峠』だと思っていましたが、『七重峠』は別の地点らしいと判明したので今後は『笠山』で。ちょうど○五年前のゲリクラの流れから、私のタイム計測起点は(登り口ではなくて)ちょっと下の石碑です。先行した集団のちょっと後ろからスタート。

序盤の激区間すぎで先頭に出て、何人か後ろにいるような気はしますが『ツキイチ上等!』的に振り返らずに先頭固定で引く。中盤の水場を過ぎて簑原くんが前に出てくれるようになったので、二人でローテして。もう一人は丹野くん。

終盤にジワッと上げて、簑原くんの振り切りに成功。先ほどのジワッと上げの反動で今度は私がヤバい~、けど、丹野くんが初笠山ということで攻撃を食らわずに済みました(笑)。二人でピークまで。直後に簑原くん。すぐに屋代さん。むむっ?横松反復の時も感じましたが、屋代さんがキテる~。 

naranikki2.hatenablog.com

 

荒れていて苔が多く、しかも今日は霧雨が霧っているので非常に滑りやすい定峰側への下りを慎重に下り、次いで定峰峠まで。ここまでの走りで腰が少々痛くなってきていたので、白石バス停すぎでバキューンとすっ飛んでいった簑原くんと丹野くんを華麗にスルーして ここは無理せずにメイン集団で。

メイン集団からは終盤に ふくよかさん改め福岡さんがアタック。むむっ?福岡さんも かなりキテる~。 かなり強力な攻撃で間が空いちゃったので、先頭に出て集団を引いて捕まえてお役御免。あとは流して終わり。

予定では裏定峰を下って登り返すつもりでしたが、霧雨が降り続いていて天気が怪しいし、気温も低くて少々寒い。私としては腰の具合がアレがアレなので、これ以上はムリしないほうが良さそう(個人的な都合ですみません)。皆に諮り、裏定峰はパスに決定。白石峠まで登って下り、長めの裏定峰をパスしちゃったのでオマケで短め激めの松村坂。序盤の激ゾーンから簑原くんがいったので張り付きましたが、引き剥がされちゃいました。

ちょっと後ろからえっほえっほと追い掛け、最後の最後に捕まえて終了。むむっ?屋代さんも一緒~。キテるキテる、相当キテます。

立山を下り、ほとんどの皆様には先にコンビニに行っていただく。私は最後尾メンバーを待ってからコンビニに向かって行くと、約三名が途中でストッピング中。スポーク飛ばしマンが約一名居て、ホイールのフレが大きくなってフレームにあたって走行不能。

試しに私のホイールと差し替えてみたら、あら?不思議。当たらずに回るではありませんか。なので交換してコンビニへ。コンビニでフレを納めようといろいろやってみたもののうまくいかないので、私がフレフレホイールを履いて帰りました。帰りの平坦も緩めずにそこそこのナイススピードでしたが、普通に走れました。行きは10段ホイール・帰りは11段ホイール。メーターがアレして獲得標高は不明ですが、たぶん2000mくらいは登った?強度コントロールもうまく出来て、腰にもまったく影響なく良い練習が出来ました。

 

 

広告を非表示にする