読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日天気晴天ではなくて風強しひるサイ

休日練習

体重=60.1kg・体脂肪率=6.3%

ちょっとダルみだし、なんか脚が重くてイマイチな感じ~。と思っていたら、朝イチ体重が重かったです。私の場合、疲れてくると浮腫んで重くなります。非常にわかりやすい指標です。今日は平地コースをしっかりと走るの日。ちょっと↓めな体調を補うべく、ディープなホイールを履いてひるサイ行き。一日中北風が強いみたい。歓迎~。

毎度の秋ヶ瀬集合場所にはたくさんのひるサイクリスト。15人くらい?もうちょい?最初から人数が多めで、入間大橋以降での途中合流人も多いはずなので、スタートの時点から時間差大きめの二組構成にしました。『半分くらい前組でお願いしまーす』と声掛けしたら、10人以上の面々が前組で行っちゃいました(笑)。後は少なめ。『ラクに走りに来ているんじゃないでしょ?練習しに来ているんでしょ?後ろ組でしっかり走った方が良いのでは??』と思うような人も混じっていないでもないですが、ひるサイはチーム練習ではないから、私はあんまり言わないことにしています。少人数の方が練習になるし気持ちよく走れるので、こちらもこれはこれで歓迎でもありますので。佐川・藤田・佐野・簑原・中川・奈良の六人で強い向かい風に向かって快速進行。いい感じ~。

でも、戸守ローソン前で前組に追いついたので速度差をつけて前に出ていったら、後組もついてきてゴチャゴチャになっちゃいました。これがよろしくないので二組に分けているのに、これはいくない。なので、アゲアゲモードの時は次回からは工夫してみます。

  • 速い組が先に出発
  • 脚の差が出やすい山ゾーンに入ったら、先発隊は余計に周回コースを走って時間調整

こんな感じでやってみたいと思っています。

人数多過ぎはよろしくないので、なんとか分断させるべくスピードアップを試みる。清澄坂前あたりで飛田・佐野・奈良(若い方)・中川・奈良(若くない方)の先行集団を作ることに成功。ここで今日イチのお笑い事件発生。

清澄坂にて。

  • 若くない方の奈良:【(オレが千切れるから)登りはペースでお願いしまーす】
  • 皆さん:【わかりましたー】(的な雰囲気)
  • 佐野くん:脚なりにスーッと単独先行
  • 若くない方の奈良:【まったくもー。相変わらずやなー】
  • 若くない方の奈良:残ったメンツにさらに念押し【ペースでね!!!】
  • 若い方の奈良【はい!わかりました!!】
  • 若い方の奈良:ロケットみたいな物凄いスピードでドキューン
  • 残った面々:モウレツに呆れる
  • 若い方の奈良:中川くんに話しかける。【あいつら、走り方知らんのかー?】
  • 中川くん:【まったくですよね。ペースって言っているのに】

ははははー。高校生に言われてやんの~。あとで聞いたら、若くない方の奈良は【ペース】のことを【ハイペース】だと理解したらしい。はい。普通は【イーブンペース】のことです(笑)。勉強になったね!

この動きで先行集団もスローダウン。後続集団に捕まり、そこから再度ゴニョゴニョっと頑張って上村・飛田・齋藤・佐川・奈良(若くない方)の先行集団の再結成に成功。崩壊しないギリギリのスピードで速くしっかりと走って、落合交差点まで。しんどかったです~。

途中折り返しの方やショートカットコースに向かった方もいて、落合からは上村・大谷・飛田・藤田・齋藤・佐川・佐野・奈良(若い方)・奈良(若くない方)の九人。短めの補給トイレタイム後に再スタート。相変わらず強い北風が吹いておりまして、後半は基本的に追い風。スピードが猛烈に乗ります。50km/hだととても遅く感じられました。

横風区間はキツいです。棒状一列です。人の後ろでもまったく休めません。さらに今日はディープリムを履いてきちゃったので、コースアウトしないように耐える作業もプラスでますますしんどい。前輪くらいはノーマルホイールにすればいかった。後悔役に立たず。

最後までしっかり前々で引けたのが四人、ツキイチ組が三人、切れちゃったのが二人って感じでした。飛田さん藤田さん佐野くんが強かった~。

でも早い段階でツキイチを決め込むよりも、途中までしっかり走ってその上で売り切れて遅れていくほうがむしろ良い走りだとも思います。

お疲れさまでした!

気温が朝より下がってきていてかなり寒い。空はどんより。今にも雪が降り出しそう。毎度の吉見コンビニで小休止し、 上村さん佐野くんとちょい早めに撤収。上村さんと別れ、佐野くんと一緒に榎本牧場経由で帰りました。11:40に毎度のステーキ屋さんで臼井と合流。144km/750mアップ。昼ごはんを食べて(げっぷー)、買い物をして帰宅。午後はリビングの掃除タイム。

広告を非表示にする