読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味キツ物見山大周回

休日練習

体重=60.1kg・体脂肪率=6.9%

出掛けにぶーちゃんの相手をしていたら家出が遅くなり、マジメに走ったら(たぶん)史上最速ラップで集合時刻に間に合って集合場所に着けました。去年あたりまでは一時間と見ていたんですが、最近は45分を標準として今朝は40分。やれば出来る。

集合場所に集合したのは奥さんと中川くんと奈良の三人。今日も短く強くサクッと走りたいので、秋ヶ瀬から通しで物見山大周回三周(正確には二周半)でお願いします。少人数なので長引きモードで物見山を目指す。今日も北風やや強めになかなかしんどい作業です。上江橋すぎで琢万くん合流。助かりました。

物見山までの平坦は出来るだけ強く長く引くように頑張る。12.3km(だったと思います)の物見山大周回コースはアップダウンが多くて、なんとなーく走るとすぐに集団は崩壊してしまいます。一周目は遅れる人が出ないように登りでは上げずに平地を頑張る走りで。二周目から登りでもじわっと上げていったら中川・奈良の二人になり、三周目は中川くんも登りで遅れがちになるものの、必死でついてくる雰囲気ありあり。いいね!

なので、決定的な差はつけてしまわず追いついてこれる程度に調整。いわゆるひとつの生かさず殺さず走り。『調整』とは言っても、平坦部は先頭固定でしっかり強く引くので、こちらも休んでいるわけではありません。最後の三段坂でどうやら本格的に終了したようなので、見捨てて出し切りモードで追い込んで終了。地味にじわっとキツく、最後はしっかり出し切れました。ばっちりぽん。

中川くんを待ち、二周で切り上げていた奥さん琢万くんと一緒に撤収しますが、速い速すぎる速まっている。特に奥さん琢万くんは速い。本編で出し切っていないな~。

という訳で普通についていけなくなって千切れました。『ついていく気がなくなって』と書きたいトコですが、今日は早めに戻りたいココロモチでもあったので、やっぱり普通に千切れた、という他はないです。単独で走っていくとDSK練から戻る途中の赤石さんに追いついたので、お話しつつ一緒に入間大橋まで。やっぱり奥・琢万ペアから遅れた中川くんが待っていてくれて、臼井が着替えやら何やらの荷物を持ってきていてくれので受け取り、三人で秋ヶ瀬まで。

お二人と別れてからコンビニでちょびっと補給し、彩湖に行って雑誌の撮影。場所を変えて取材。色々と話せて楽しかったです!

最後に上尾(正確には上尾市直近のさいたま市)まで送ってもらって終了。

広告を非表示にする