弓立山六本ひるサイ

体重=61.0kg・体脂肪率=7.7%

  • 案1:物見山反復10本
  • 案2:弓立山周回6周回

本日のひるサイメニューを案1にするか案2にするか悩み、結局は案2とさせていただきました。ひるサイ最凶メニューの案1は、あまりにもキツくて苦しいのでそう簡単には出来ないです。もう少し前からココロの準備をしておかねばねば。今日は二週間前と同じく弓立山周回でお願いします。一本だけマシマシで、今日は6周回予定で。

物見山までは途中合流人を含めて15人とか16人くらい。多めだったのでローテして走りたい方は前に行ってもらい、おとなしく淡々と静かに走りたい方々をそのちょっと後ろで先頭固定で引いて走る。前の方でなんとなく走るより、じっくりとしんどくて良い練習になります。

物見山で半数ほどが折り返して、ときがわセブンイレブンで最終的な身の振り方の相談。予定通りに弓立山周回でお願いしちゃうわけですが、予定の6周回できるかどうか我ながら自信なし。ここの登り勾配・登り時間は大の苦手でありまして、前回は5周回で完全に売り切れました。今日も五本にしておくべきかなあ。弱気になりつつ、流れで決めましょう、ということにでスタートです。

立山周回のブー:松村・田中・小澤・平賀・飛田・居鶴・佐野・猿田・奈良

アップの気持ちも込めて、行き掛けの駄賃で温泉坂。今日もまたまた引いてくれた居鶴さんの後ろから飛び出し、競り掛けてきた佐野くんを一蹴し(笑)、スコーンと気持ちよくピークまで!

のつもりが、後ろから猿田くんが来てスコーンと気持ちよく先行されちゃいました。ここでも物見山でも、そして以降の弓立山周回でもそうだったし、あの登りのキレ・加速はすごい。今まで見てきた強い選手の中でも、キレで言うならトップクラス。楽しみですねー。

ついで本編の弓立山周回。登りコースと下りコースが異なるから『周回』とは言っていますが、実質は『反復』と何も変わりません。5分登って4分休み。登り勾配は9%。大苦手です~。

明日の都ロードに向けて控えめにしていた(?)猿田くんは後ろで大人しく走り、最後に鋭く加速していく走り。佐野くんは相変わらずドヨーンと速い。この二人がツートップで、ほぼ全編に渡り猿田-佐野-奈良-居鶴-飛田という順番でした(以降はまったくわかりません。ごめんなさい)。個人的には超苦手な登りプロフィールですが、猿田くん佐野くんを目標に前回よりはしっかりと走れた感があり、個人的にはまずまず。登りタイムも前回よりはずっと◎。ただし何度か捨て身で競り合いにいっても、すべて手もなく捻られちゃいました~。

4周終えた時点で『どうする?次の五本目を最後にする?』とまわりに諮ったところ、佐野くんから『六本行きましょう!』という力強い言葉を貰ったので覚悟して六本目に行きましたが、力強い言葉を返してくれた人は六本目にはややタレだった(笑)。そういう私もけっこうタレで、最後は猿田-居鶴-奈良-佐野-飛田。

そんな感じで6周完遂。効いた!猿田くんが『出し切ったので明日のウインターロードはダメかも』と言っていたので、『絶対いける!』とハッパかけておきました。実際、あの登りのキレは相当なもんです*1

シロクマパンそばのコンビニで小休止してから撤収。帰りは速く走りたくなーい、ので、とっとと集団から千切れて淡々と。同じように思ったのか猿田くんが岩殿トイレで停まっていたので、再合流して一緒に帰還。沈む橋方向に別れて、買い物をして11:50帰宅。121km/1228mアップ。

*1:結果的に四位集団の頭を取って四位入賞だったみたい。当人まだまだと感じているかもだけど、濃厚メンバーの中で凄いね。

広告を非表示にする