そろそろあさサイ

体重=61.1kg・体脂肪率=7.5%

GW疲れうんぬんの言い訳がそろそろ使えない時期になってきましたので、今日は気合で。逃げちゃう方針で。

一周目の凸凹ゾーンで佐野くんがスルスルと先行。誰も反応しないことを確認し、ちょびっと間を開けておいてからドカンと踏んで単独で合流していく。一瞬だけ後で休ませてもらってから、ローテローテでゴーゴー。

二周目。振り向いても影も形もなかったはずの集団から、いつの間にか近藤くんが単独で背後にくっついていてビックリ。日曜の埼玉TTで二位のスピードはやっぱり凄い~(一位は前日本チャンピヨンの人ね)。

と思っていたら、バックストレートで松井さんが単独でやってきて二度ビックリ。ちょびっと前から何となく感じていたのですが、松井さんの走りの芸風が変わってきているような。ご本人に確認したら意識しておられるとのこと。なんかイケている気が。

で、最終周まで四人で。SP1はまずまず。SP2は半端な距離で先頭に出たら、後ろは牽制気味。『ならばSP2まで引き逃げしちゃうよ!』のココロモチで踏んでいきましたが、この方々に背後で狙われたのでは為す術もなく沈。

最終周のホームドンツキで、私が引き終わったタイミングを狙って?佐野くんがアタック。丘を使ってアタック。泡を吹きながら必死で追ってなんとか生き残り。ホッ。

と思ったら、バック入りの丘から近藤くんが単独で発進。ただでさえ独走力が二枚くらい違うのに、他の三人はさっきの動きのせいでいっぱいいっぱい。強くは追えず、詰まらず離れずの距離感のままでゴールまで。

佐野アタックは近藤ロケット発射のための発射台だった!アシストプレイだった!

という結論でした。ちゃんちゃん。

奥・小野琢・大谷・大谷・勝山・近藤・佐野・松井・三浦・簑原・奈良

LAP:?-6'45-7'02-6'52-6'53-6'37

SP1:奈良-佐野-近藤

SP2:近藤-佐野-奈良

SP3:近藤-佐野-奈良

広告を非表示にする