読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第50回 JBCF東日本ロードクラシック 南魚沼大会

レース

JPT 122km(10周プラス2km) DNF 出走123名 完走41名

四周目あたりでメイン集団から遅れてしまい、昨日と同じようにグルペットを作って完走を目指しましたが、私個人としてはむしろ昨日より走れていた感覚はありつつも集団全体として昨日ほどスピードが乗らず、六周目(?)完了時点で赤旗DNFでした(足切り10分の前に赤旗を振られたとは思いますが、まあ大差はないです)。

レーススタートが11:05と遅めなので、(今朝も)のんびりのびのび。遅起きしてから、朝ごはん前におはキング。宿の裏手にある龍澤寺・樺沢城跡を散策。上杉景勝公の生誕の地でもあり居城でもあったトコである由。私はそこまで極端な歴史好きではありませんが、なんかロマンがありますロマンロマン。空気がキーンと冷えていて気持ちがいいです。

宿に戻って朝ごはん。同宿だったイナーメな面々は朝ごはんは無しで出発済み。この宿はごはんが美味しいのにもったいない。同じく同宿だったVENTOSの皆さんと一緒に朝ごはん。

会場行き。昨日に引き続いての好天ではありますが、その分冷え込んでいて朝早いレースの面々は寒かったかも。E1レースの実況を聞きながらレースの準備。今日はしっかりと強度も上げてローラーアップ。昨日の疲れはあまり感じず、むしろ好感触。

登れないマンなのに最後尾付近からスタートしてしまい即死した昨日の反省を生かし、早めに最前列に陣取って11:05スタート。キツいのはもちろんですが、狙い通りに切れることなくゼロ周目の一回目の登りを集団でクリア。ここで落ち着いてくれれば・・・先は長いですよ。逃げは決まりましたか?落ち着いてください。

ペースはイマイチ落ち着きませんでした。一周目の登りも二周目の登りも(私にとっては)速すぎ、集団からプチ千切れてダム湖周回で必死で追いついていくの繰り返し。三周目(四回目)の登りを過ぎて、四周目に入ったトコでも同様。そして集団には戻れず、千切れ組になっちゃいました。

まあ中盤でメイン集団から遅れてしまうのは織り込み済みでもあります。昨日と同様に、あるいは去年と同様にナイスグルペットを作ってギリギリ完走を目指します。

・・・ダメでした。メンバー的には昨日と遜色なかったはずですが、昨日の疲れがあるのかダム湖周回でスピードが今ひとつ乗らない。登りも同様で、周回を進めるに連れてのパワーダウン傾向も明らかに強め。

何周かした後、登り区間で前方(30秒くらい前?)に先行する集団が見えたので、(申し訳なくも)今まで一緒した集団に見切りをつけて単独でジャンプしていってみました。狙い通り、余裕を持ってピーク直前で合流していくことに成功。ピークすぎで そのまま先頭に出て、スピードを上げまくり。

・・・こちらの集団でもダメでした。まあ私が登りで余裕を持ってブリッジしていけるくらいなので、スピードが乗っていないのは明らか。昨日と同じく六周(七回登り)ったところで赤旗降られてDNFでした。ホントはたぶん9分台遅れだったとは思いますがまあ大差ないです。

個人的には中盤にかけて平地も登りも踏める感がありましたが、このテのレースでは序盤にガツン!といけないと話になりません。これはこれで仕方ないかなと、ある意味納得です。全体としての完走率は四割くらい?なかなか厳しいレースだったようです。

JPTレースの後は会場の屋台で買食いしつつ、E2レースの序盤だけ観戦・応援して撤収。藤岡JCT以降の関越渋滞はそれなりでしたが、最悪ではなかったような気も(私達通過の後にハゲしく伸びた?)。上尾ホーマックに寄ってアリオで夕ごはんを食べて買い物をして、20:00ちょい過ぎに帰宅。

『昨日・今日とどこに行ってたにゃー』と怒りながらぶーさんやって来た~。ほんでもってベタベタ。ベタベタ。臼井と私からまったく離れようとしません。あまえんぶーマックス。ほんでもって、そのままお泊りしていきました。

広告を非表示にする