読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三人でクルクル練習

体重=61.6kg・体脂肪率=7.6%

今日も冷え込み緩め。週末に比べたら暖かいですね。

と思っていたのに、他のメンバーに聞くと普通に寒いらしい。彩湖ではマイナス5℃まで下がっていたらしい。『寒さに弱い』を売りにしてきた私ですが、どうやら寒さ耐性がホントにアップしてきているみたい。アクティビーンジンジャーを飲み続けている効果かなあ。

集合場所には松井さんが先着しておられ、中川くんもすぐに到着。インターハイポイントレースチャンピヨンはどう考えても回転力が凄いはずで、相手にとって不足はなし。なさすぎ。インナーローは36*28T?それは流石に軽すぎるので、一枚重い36*25Tを許可。それでも私よりもわずかに軽かったのね。まあ大差はないし(相対的に2.8%の差)、ハンデということでよろしく!

  • 松井さん 39/25=1.56
  • 中川くん 36/25=1.44
  • 奈良 34/23=1.48

凍結確実と思われていた土手下区間が(ほぼ)完全ドライだったので、土手上バックストレート周回を三周で。よろしくお願いしちゃいます!

リアルスタート直後の中川くんの脚のまわりが物凄く、あっ!という間に差をつけられちゃいました。『これはとてもじゃないけど歯が立たない。一番軽いインナーローにしてもらうか』とも思いましたが、どうやら持続できる最高ケイデンスを把握していないようで、いわゆるひとつの『クルクルピタッ』の傾向あり。こちらは最高ケイデンス的にはさほどではありませんが、亀の甲より年の功的にどれくらいで回せばどれくらい続けれられるかがわかっています。マイペース的な最高クルクルをひたすらキープし、結果的にいい感じで対抗できました(まあクルクル慣れをされちゃったら、とても同ギアでは無理なのは明々白々)。松井さんも今期最高のクルクル度合いだったということで、これまたなにより。一人ではとても出来ない練習なので、本当に助かります。

最後は三人でクルクルスプリント。中川くんとの横並び状態から死ぬ気で回し倒し、『さがれー。うりゃー』とやりましたが、先に売り切れてピタッ!と止まってしまったのは私でした。完敗でございます。あとで聞いたら、パワーマックスではケイデンス260とかまで回せるらしい・・・そりゃ、勝てないのもあたり前。でも『負けてあたり前』ではなく、良い刺激としてチャレンジしていきたいです。

ありがとうございました。来週もよろしくお願いします!

広告を非表示にする