入笠山ヒルクライム→MTB全日本選手権→北軽別荘→飲みすぎ

体重=58.8kg・体脂肪率=6.8%

4:30起床。朝ごはんのサンドイッチを製作して、5:20に家出。時間が早いお陰で、圏央道も中央道も渋滞ゼロ。7:20にMTB全日本選手権会場の富士見パノラマ到着。会場をグルっと回ってみるも知り合いゼロ。顔見知りがいるマスターズ・エリートまでは時間がハゲしくあるからまだ未着とは言え、見事なまでに知り合いゼロ。雰囲気もロードレース会場とはちょっと違いますね。

小雨がパラついたりやんだりの どんよりドヨドヨ天気。気温も低め。麦草峠まで走りに行くつもりでしたが、超長い下りで雨に降られたら泣きが入るのは明明白白なので予定変更。諏訪から杖突峠を越えて、高遠経由で伊那まで行こうっと。調子と気分がよかったら、伊那を通り過ぎて宮田クリテ会場に行って皆様にご挨拶。8:00に富士見パノラマをスタートです。

スタート時点から小雨パラパラだったので、ウインドブレーカを着て走る。甲州街道(R20)を諏訪に向かって走っていくと、10kmくらいのトコのなんとかトンネルを過ぎたトコロで一気に本降りになったので、杖突峠・伊那行きは断念。引き返していき、撤収しやすいように富士見パノラマ直近の入笠山を登ってみる。『チバポンズ』命名の由来の地でもあるのに私は登ったことがなく*1、どれくらいの長さ・勾配かは不明ですが、走っておくのも悪くないかも。

長い!キツい!これ、どれくらい続くの!?

入笠山なんとか林道のドコがピークなのかよく解りませんでしたが 、平らになって高原ぽくなったトコがピークである!と適当に決めてヒルクラ終了。面白そうな林道は続いていたし時間もあるので余力があれば探索してみたいトコなれど、余力はなくなっていて完全にイヤになっていたのでヤメ。結局、R20から一時間くらいで1000mアップくらい。平均勾配が8%くらいとオウ!モウレツでありまして、(勾配の緩い)麦草峠を走るつもりで39*23Tで来た私には拷問級でした。キツかったです~。濡れた林道を慎重に下って富士見パノラマに戻って終了。2時間くらい40kmくらいで獲得標高は1300mくらい。今日はコレくらいで勘弁してやらー。

全日本マスターズ参戦の白石夫妻とサポートの方々にご挨拶し、冷え切った体を温めるべくラーメンを食べる。その後は会場めぐり。青田局長とか合田さんとか宮津くんとかのエリート選手にもご挨拶できました。頑張ってほしいね。

MTBレースには私もちょくちょく参戦していたし、勝率はロードよりもMTBのほうがずっとずっと高いのではありますが(あたり前)、Jシリーズとか全日本選手権などのちゃんとした(?)MTBレース会場はこれがはじめて。ロードレース会場とは雰囲気がぜんぜん違います~。

 

 

 

 

 

 

かるくつづく

 

*1:実は、反対側からはツールド信州で登ったことがあったらしいです。完全に忘れていました。

広告を非表示にする

車練平地コースプラスアルファひるサイ

体重=60.2%・体脂肪率=7.2%

今日のひるサイは峠らしい峠は避けるスピード練習寄りでお願いするつもりでアレコレとコース案を考えましたが、よくよく考え直せば暑すぎるのでヤリ過ぎは禁物。基本的に川口車練の平地コースで、清澄まわりと工業団地の丘プラスにさせていただきました。なぜかメンバー少なめ。秋ヶ瀬集合場所からは川口・福岡・田中・佐野・川島M・奈良の六人。入間大橋で大谷さん合流。

基本的に登りは抑えめにして、平坦でしっかりスピードを乗せて走る。引ける人は長く引く。そうでない人はツキイチでどうぞどうぞで。

暑いので給水タイムは普段より一回増しで。巨大豆腐屋さんで美味しい地下水を汲ませていただき、次は落合売店。松郷峠→落合区間で単独走の中さんに追いついて、落合までご一緒に。お元気そうで何よりでございます。

(仮称)かやの湯峠を越え、後半の平地区間もしっかり走る。調子が悪いようでここまでジミーに走ってきた佐野くんが、終盤にアタックを連発。反応・追走とメチャクチャ脚を使わせてもらいました。ラストの2kmか1kmあたりからは私からも攻撃していって、田中・佐野・奈良の三人になって終了。キツかった~。

この三人だけでなく、遅れるメンバーを出さずに(たぶん)全員が余力を残さずうまいコト出し切れたと思います。猛暑の中、量的にも(たぶん)ぴったり。

吉見コンビニで小休止し、荒川サイクリングロードを流して撤収。吉見桜堤の木陰は涼しくてとても気持ちよかったです。太郎右衛門橋で離脱し、肉のハナマサに寄ってかたまり肉を三種買って帰る。11:20帰宅。140kmくらい。

広告を非表示にする

ギラギラ

体重=59.8kg・体脂肪率=7.4%

厚くて非常に寝苦しいです。つーか、眠れません。朝も日の出からギラギラ。雨降らないかなあ。

広告を非表示にする

あさサイチェイス

体重=60.4kg・体脂肪率=7.3%

予定通りにE1/P(プラスひとり)とそれ以外に分かれての あさサイチェイス。前組が11人で後組が8人。タイム差は90秒でスタート!

慌てず騒がず、TTTモードで進行。皆でローテしていたら、途中で一人だけ遅れちゃったみたい。スタート前に『E1とP』と言ったつもりが『E1とE2』と言ってしまった(らしい)私のミスでもあります。ごめんなさい。

3周目に前組が見えてきて、ジワジワと差を詰めていって、5周目の中盤には追いつける。追いついたら、直後にドカーンと暴れちゃおうっかな~。

と思っていたら、5周目の橋あとコーナーで後組メンバーがスリップ落車。後続を巻き込んで合計二人がダウン。歩行者とは無関係だったのと、怪我が擦過傷程度で済んだのは幸いです。

歩行者が居る居ないに関わらず、橋あとコーナーはもっと慎重に走りましょう!

一周パスしてゴール地点まで逆走していき、やってきた前組の最終周に合流させていただいてゴールまで。 

井上・大関・奥・小畑・勝山・小松・近藤聡・斉藤・佐藤コ・佐藤V・佐野・清水・高橋・富元・中嶋・生原・松井・ミスミ・奈良

LAP:?-6'28-6'27-6'28-なし-6'40

小松さん、パンありがとうございました。朝ごはんとして美味しくいただきました!

広告を非表示にする

梅雨あけったー

体重=60.3kg・体脂肪率=7.5%

そもそも今年は梅雨があったのかなかったのか???な気がしないでもないですが、梅雨ってのは単なる降水量だけでは決まらずにアレやらコレやらの専門的な状況で決まるらしいので、昨日まではきっと梅雨だったんでしょう。

今年は水不足になりそうで心配。とりあえず、梅雨明けおめでとうございます。ありがとうございます。今日は涼しかったでした。

広告を非表示にする

三連休明けあさサイ

体重=60.0kg・体脂肪率=7.3%

昨晩は今年一番の暑さで寝苦しさで眠りが非常に浅くて、寝不足感マックスでヨワヨワで、さらに日月の疲れでヨワヨワ。三連休明けだからメンバー少なめでしょう。ボチボチペースに合わせてもらって、流し目で軽く走るくらいにしておきましょう。そんなココロモチでした。

スタート時点で14人とたくさん~。一昨日のレースでずーっと一緒の集団で走った佐野くんと高木くんも居ますよ。こりゃ負けられないね*1

流し予定を変更して、とりあえず普通に走る。脚パン度は意外と低めで、トップスピードはまあ普通。でも持続時間が極短(泣)。ちょびっとあげるとすぐにヘロってヘロヘロヘロ・・・まいっちゃいますね。

最終周のホーム側でもヤケクソ級にカチ上げていったら、バック入りの丘で完全に売り切れて千切れて終了。

井上・大関・大谷・大谷遼・奥・奥秋・川島・小林・近藤聡・佐野・高木・田中F・富元・福岡・山本・奈良

LAP:?-6'25-6'35-6'29-6'40-8'50

SP1:高木-佐野-近藤聡

SP2:高木-富元-?

SP3:高木-?-?

昼すぎの豪雨と雷はすごかったですね。 私の退社ドキには青空が戻っていたので普通に自転車で帰る。途中で小雨に降られましたが、むしろ気持ちいいくらいでした。ちょっと離れたトコ(?)では大粒の雹も降ったとか。当たらなくてラッキーでした。

*1:一昨日も完全に負けているんですが。回復力ではとても勝てないんですが。

広告を非表示にする

二度上峠を一度だけ登る

4:00ちょびすぎに起きて朝ごはんを食べて、5:00から別荘内掃除作業を開始。梅雨時にもかかわらず、汚れとか虫は比較的少なめ。ほっ。

一通り掃除をしてから、あとは臼井にお願いして私は7:10から走りにいく。9:00ちょい前に戻りたいので、二度上峠一本勝負。ちょうど一年前は石川ロード翌日に二度上峠を二度登りましたが、今回は一本勝負で。

naranikki2.hatenablog.com

去年より26秒くらい遅かったです。後半の登り区間はまあまあだったはずだから、前半の平坦区間の踏みがちょっと甘かったかも。去年は石川DNFだったので気合が入っていたかもで、今年は(とりあえず)完走できたのでちょっと腑抜けっていた、かな?夜中の大雨で路面が濡れ濡れだった影響もあった・・・と日記には書いておこう(古すぎ)。

別荘に戻って撤収。北軽井沢の一大観光地になった感のある久保農園で野菜を大量に買い出し。キャベツ・レタス類や、大根方面が笑っちゃうくらい安いです。

さらに中軽ツルヤで大量買い出し。三連休最終日の大渋滞確実デーではありましたが、午前中だったのでまだ平和。上里カンターレで昼ごはん。すなわちランチビュッフェ。『団体が入っているので一時間から一時間半待ち(かも)』と言われてビビりましたが、実際は10分と待たずに入れました。余裕見すぎでしょー。

ここは実は隠れた穴場。かなり料理レベルの高いイタリアンビュッフェなのですが、今日は普段に増して超高レベル。団体様のお陰?びっくらこきました。また来なくては。

関越道は一触即発の渋滞寸前状態ながら、まだ流れていてホッ。15:00くらいには帰宅できました。昼に食べすぎたので、夕ごはんは少なめ。これがすなわち食べホダイエット。

広告を非表示にする