読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体重=61.3kg・体脂肪率=7.7%

広告を非表示にする

ひさびさローラー練

体重=61.0kg・体脂肪率=7.3%

帰り時には雨が降り出しているらしいから、あさサイ後にいったん帰宅して電車で出勤。そんなつもりでした。そうしましたら、

未明から降ってた~。降りは強くなく気温もさほど低くはないので走って走れないこともないとは思いましたが、ハンパに実走するよりはローラーのほうが練習になります。4:20からローラー開始。

アップ後に20分一本勝負のつもりで上げていったものの、どうも20分では出し切れていない感じ。さらにギアを掛けて追加で5分。頭が痛くなるまで追い込めました。

しばらく流してから、タバタを一セット。気持ちワルー。合計60分の あさローラーでした。

広告を非表示にする

広告を非表示にする

三連休明けあさサイです

体重=60.9kg・体脂肪率=7.3%

というわけで(?)、勝手な三連休明けの あさサイです。土曜日は質も量もかなりバッチリ風味。日曜は強度はけっこう高めでしたが、量はちょっと少なめ。トータルでは普段よりも疲れは薄めのはずなのに、移動疲れなのかダルい感じ。脚パンというよりは脚ダルって感じです。

市川・大谷・大谷遼・奥・小野琢・近藤正・勝山・斉藤・佐野・高橋・富元・中屋・生原・浜田・三浦・奈良

LAP:?-6'31-6'41-6'32-6'50-6'28

SP1:近藤正-?-?(あとで思い出す→たぶん無理なので放棄)

SP2:近藤正-?-?(あとで思い出す→たぶん無理なので放棄)

SP3:近藤正-高橋-富元

 一年で一番走りやすくてラップタイムも速くなる時期でありまして、さらに若くて生きのいいメンバーがますます増えてきていて(もちろん若くなくて生きのいいメンバーも)、前々で積極的な動きがあって楽しく走れます。バンバンバババンと。

でもですね。自分から動くときは動いて、他のメンバーの動きには反応しないパターンが散見されるような気も。私は後ろからブリヂしていったり集団を引き連れて追う係を担当。『私からも仕掛けたいよー。誰か追ってー』ってトコですが、今日に限らず、誰も追わないから私から追うという形になっちゃうことが多い気がします(気のせいかにゃあ)。

『まあ、動ける人が自分のリズムで攻撃するのは実はラクチン。他人のリズムで強制的に上げさせられる方が、実は練習になるしねー』と負け猫の遠吠え的に うにゃうにゃにゃにゃと鳴いちゃったりもするわけですが、他の人にも追走よろしくお願いしちゃいます!

スプリントポイント前はモガく脚がなくなっていて全然ダメ。近藤くんは他のメンバーから三枚くらい抜けていて凄かったです。SP1だったかSP2だったかは、前走者のやや斜行気味の走り(?)でバリア(土手側の草むらのコト)に寄せられていたのに、空くまで焦らず待ってスルリと抜けていました。後ろから見ていて感動。上手すぎ。

SP3の圧倒的なスピードは筆舌に尽くしがたい。そんなスプリントでした。

広告を非表示にする

遠野で遊ぶ

自転車もちゃんとパッキングしていないし、どうせ早く起きてしまって朝ごはんまで時間があるので盛岡サイクリングを。地図も持たずに適当に走り始め、雫石川ぞいに信号ゼロで走りやすい小道を発見。ずーっと走っていって盛岡ICのあたりまで行って引き返し。一時間ほどの軽いサイクリングでした。

7:00からバイキング的な朝ごはん。なかなか充実で美味しかったです。食べすぎたゲップ。

両親は旅行が好きで全国アチコチ行っている割には、近くの東北エリアには未体験ゾーンたくさん。遠野にも行ったことがないとのことだったので、遠野にゴー。臼井と私は来たことあります。いいところです。花巻から釜石道が出来ていて、まだ未完成なのですが遠野ICまでは開通済み。行きやすかったです。

駅前に寄ってカッパ四体を見学してから、リアルカッパを探しに行く。すなわちつまりカッパ淵。遠野での定番中の定番スポット。ホントにカッパが出そうないい雰囲気です。

f:id:naranikki2:20170525152250j:plain:w200

キュウリを餌にしたカッパ用の釣り竿がセッテングされていると思ったら・・・

f:id:naranikki2:20170525152259j:plain:w200

カッパがいました!釣り竿のキュウリに反応している?!

f:id:naranikki2:20170525152254j:plain:w200

リアルカッパ(小学二年生とのこと)を見られて非常にラッキーでした。ついで近くの伝承館に行って古い民家・民具を見学。伝承館にもカッパが居たので(と言うか、遠野はカッパだらけです)一緒に記念撮影。かぶっているのはカッパの皿。

f:id:naranikki2:20170522141844j:plain:w200

昼ごはんは ひっつみ・蕎麦・鶏卵など。ボリュームの割にはローカロリーだし美味しいです。

盛岡駅に戻ってそれぞれ別の新幹線で帰宅。

広告を非表示にする

2017全日本選手権のコース試走など

体重=59.0kg・体脂肪率=6.6%

始発の高崎線→始発の東北新幹線で盛岡に向かってゴー。2017全日本選手権の階上町コースを試走するのが目的のひとつ。もうひとつは、正月もGWも帰省しなかったので私の両親にも出てきてもらって一緒しようということでした。

盛岡駅に先着し、レンタカーを借りてきて 、ちょうど駅着した両親をピックアップ。盛岡は暑い!昨日の埼玉よりも暑いくらい。猛暑です。

高速道路を100km走って八戸市へ。以前、臼井と一緒に来たことのあるイサバのカッチャ(八戸湊駅前)に行ってみましたが(朝市で有名で面白いトコ)、昼は軒並み閉店していました。八戸市街地に戻り、八食市場へ。ここは元気があって面白いトコでした。サメの頭と卵と稚魚が飾ってあった勝手丼(?)アイテムを並べている店で、タコの白子を買って食べてみました。

f:id:naranikki2:20170525151038j:plain:w200

タコの白子は生臭さゼロで、トロリとチーズのようで美味しい。また食べたいし、他の珍しいものも試してみねば。昼ごはんは市場内のレストランで寿司など。美味しかったです。

階上町に移動し、まずは自動車でコースを一周。アップダウンが多く、と言うよりアップダウンしかなくてジワッとキツそう。すべての曲がり角にコース表示版があって解りやすかったです。

ついで、道の駅はしかみに自動車をデポし、三人には待っていてもらって走りに行く。盛岡(酷暑)・八戸(普通に暑い)がウソのように階上町は涼しい!ビックリしました。コースまでの20分ほどでアップし、14km弱のコースを一周目から全開で走ってみる。キツい登りは二箇所。もちろんキツいのですが、登りの前で延ばされ登りの後でも緩まらず、ずっとキツくさせられる雰囲気のある(ありまくり)なコースでした。

ラップタイムを見ながら走り、二周目に少しペースアップ。三周目も登り自体はうまく走れましたが、その後のアップダウンで脚が売り切れてしまいました。ちょびっとラップを落として三周完了。切り上げて道の駅に戻って二時間ほどの試走終了。臼井がオヤツを買っておいてくれました。やったー。

盛岡に戻って駅前のホテルにチェックイン。夕ごはんは近くのぴょんぴょん舎で。冷麺ではなく温麺を食べてみました。これがかなり美味しかったです。他に焼肉とかチヂミとか。

広告を非表示にする

非難轟々ひるサイ

体重=60.8kg・体脂肪率=7.3%

決戦仕様機材での走りをチェックしたかったので、まんまレース仕様でひるサイにゴー。平地と登りのバランスの良い長瀞まわりコースでチェックチェック。

ただし、登りの具合を定量的に測りたかったので、普段と逆回りの白石峠を登る方向でお願いしちゃいました。個人的には白石登りは大嫌いで大苦手ではありますが、沢山の人が走っているからタイムとしてチェックするには非常に具合がいいトコなので。

アチコチでレースのある週末のようで、秋ヶ瀬集合場所をスタートしたのは少なめの八人ほど。決戦装備での『進む感』が半端なく、思わず全開で踏みたくなる気持ちを抑えて快速ペースで物見山まで(途中で二人合流)。

『ときがわセブンイレブンで小休止』と決めてあったので、物見山とその直後の登り返しで全開で踏んでみると松木・佐野・奈良の三人になる。まあぶっちゃけ、こうなりますね。さらに全開ですっ飛ばして ときがわセブンイレブンまで。山行きのメンバーは川口・松木・佐野・齋藤・居鶴・三浦・奈良の七人(三浦さんはすぐに離脱)。 再び淡々ペースに戻して白石峠を目指します。 

白石峠のタイムは25分01秒で速くはないし遅くもない、と言うよりは普通に遅いのではありますが、今日のヘビー級装備を考えればさほど悪くもないような気も。前の二人もベストタイムよりはけっこう落ちていたらしく、道中の走り方やらを高気温の影響で今日はタイムがNGな日だったのかもしれず、ならばなおさらさほど悪くもないような気も。

でも、やっぱりもうちょっと速く登りたいトコではあります~。

白石ピークで再集合し、クネッている裏定峰は慎重に下る。コースがクリアになってからビュンビュン系スタート。曽根坂峠を越えて長瀞まわりのアップダウンコースをすっ飛ばしモードで。ここは思いっきり踏んで思いっきりスピードを上げさせていただきました。気持ちいい~。

そしたら途中で『速すぎ!迷惑!』と全員、特にローテしている面々から非難轟々。ぶーぶーぶーと怒られちゃいました。解っては居ましたがメンツが良かったのでついつい。ごめんちょ。トップスピードは気持ち落として、気持ち長く引く方針にスイッチングでビュンビュン系コンティニュー。

『ときがわセブンイレブンで補給をしてきたから、あとはノンストップでオッケー』のつもりだったのに、あまりの暑さで危険が危ないです。体がまだ暑さに慣れていないコトもあるのでなおさら。寄居ファミリマートで二度目の補給。暑いです。真夏です。寄居も熊谷に近いので、相当に暑いトコでもあります。

(仮称)かやの湯峠を寄居側から登り始めたら、アプローチ中のパンクのために集団から離れ、単独での逆走合流をお願いしていた國定さんに遭遇。ここまで単独で走らせてすみませんでした。でもこの逆走合流プレイで脚が揃うことになって、結果的に全員にとってハッピーだったと思います。國定さんもそう言ってくれたし。ありがとうございました。

かやの湯ピークは先頭四人が固まってクリア。私は三人(松木・齋藤・佐野)に行ってもらい、ピークで最後尾まで待って機関車プレイ開始。思いっきり引く。全開で引く。前の三人に追いつくべく、とにかく引く~。単独の先頭固定ではさすがにスピードが落ちちゃうので、他のメンバーにも少しずつ前に出てもらいつつすっ飛ばしプレイ。

ボクたち頑張りました!

二度の赤信号を守りつつ、裏松郷の登り口前で前の方に三人の姿が見えるまでに距離を詰めることが出来ました。裏松郷登り始めの緩ゾーンでさらに詰めていったら、三人は一緒に来ずにバイバイキン。まあ仕方ないです。前の三人を追いかけていって、松郷ピーク過ぎでの合流に成功。

ボク頑張りました!

後ろの三人は、居鶴さんが途中離脱しても川口さんと國定さんは一緒に帰還できるはずなので問題なし。待たずにビュンビュン系コンティニュー。途中で齋藤くんが離脱し、清澄まわりで三人ですっ飛ばして帰りました。

川島セーブオンでまさかの三度目の補給ストッピング。想像以上に暑い日だったのでした~。二人と別れ、沈む橋経由で12:35帰宅。装備が良くて平地スピードがかなり速かったので予定よりもかなり速めでした。LEZYNE GPSのサイトでは167km・1960mアップ。STRAVAだと168km・1470mアップ。どう考えても今回はSTRAVAの方が真値に近いでしょう。LEZYNEの方は標高グラフがギザギザすぎ。困ったもんだ。

昼ごはんは無印良品レトルトカレーなど→けっこう美味しい。午後は作り置き作業など→暑いのでガス台はあまり使いたくないですね~。

広告を非表示にする