あさズイ不発

体重=60.1kg・体脂肪率=7.6%
短めのワークアウトでサクッと刺激を入れるつもりでチャレンジングしてみましたが、アップの段階の強度高めのトコであっさりギブ。まったく踏めませーん。
メニューはヤメにして、なんとなーく合計30分ほどバーチャルサイクリングをして終了。
しましまを近所の方々に火葬に連れて行っていただきました。寂しいようなホッとしたような。やっぱり寂しさが先かな。

ひるサイからの榎本さん

体重=60.6kg・体脂肪率=6.9%
メンバーは松木・藤田・佐川・奈良(若い方)・奈良(若くない方)と私以外は濃い濃すぎる濃いまっていました。相談の結果、車練逆まわりコースからのプラス定峰峠・白石峠に決定。
定峰?白石???二日目にしてこのボリュームはちょっとアレー。
練習二日目はまったく登りを登れないと感じるお年頃でありますので(回復しませんーん)、ボリューミーな山岳部分は若い方々におまかせして、途中離脱でサクッと帰るか。その代わり、平地コースはしっかり走る。二日目でも平地はまずまず踏める(ような気がしますが、気のせいかもしれません)。
(仮称)かやの湯峠(の寄居側ね)の麓までキチンと走り、そこからは追い込まずに自分のペースで。ピークで待っていてくれた皆様と一緒に下り、定峰に向かうワカモノたちを見送って単独帰還。
榎本牧場へ~。臼井と合流。145km・515mアップ。
ウォークライドとパイオニア榎本牧場でイベントを行っていたので、ご挨拶に顔出し。ジェラードを食べて隣の霊園でお墓参りをして、図書館経由アリオ行き。昼ごはんはトンカツ!揚げ物バンザイ!
買い物をして帰宅。

ばいばい しましま

体重=60.3kg・体脂肪率=7.0%
目覚めてすぐ、パジャマのままで玄関から外に出て、しましまの様子を見に行く。
しましまは死んでいた。特別に使わせてあげていた ぶー小屋から外に出たところに倒れていた。夜中に水を飲みたくなったかトイレに行きたくなったか、最後の力を振り絞って外に出て そこで力尽きたんだろう。『もしかしたらまだ息があるかも』と思って顔を撫でてみた。とても冷たかった。
しましまの面倒を見てくれている このあたりの地域猫マスターにこのままの状態で確認していただかなくてはいけない。しましまを そのままの形で残して、普通に朝ごはんを食べて普通に練習に出かけた。これが ぶーちゃんやミニミニだったら、とてもじゃないけど朝ごはんは喉を通らなかっただろうし、練習に出る気にはならなかったはず。涙も出なかった。我ながら『ちょっと情が薄いかも・・・』と思った。
しましまは2015年の春に うちの回りの地域猫コミュニティに現れたから、付き合いは四年。顔を見れば挨拶をするし、向こうも こちらを認識してくれていて近寄っても撫でても逃げない。ただし、抱っこはさせてくれない。それくらいの距離感での付き合い。去勢されていないオス猫なので、よそ猫との喧嘩が絶えなかった。夜中にギャーギャーと騒いでいれば、だいたい それは しましまだ。近所の猫嫌いな人の心証が悪くなるので、これは非常に迷惑。何度も仲裁(?)に入ったりしたけど、なかなか喧嘩を止めない難儀な猫だった。そのためか怪我も絶えないようで、去年は大怪我をして猫マスターに保護されていた。一時は『もうダメかも』という状態だったけど しっかり回復してちょっと前まではとても元気にしていたのに、急に体調を崩して今朝死んでしまったのだ。
ただ、このあたりの地域猫とはとてもフレンドリーだった。ぶーともミニミニとも仲良し。図々しくもあり、可愛げなところもある憎めない猫だったのだ。
練習の方はあまり良い走りは出来なかった。しましまの事が気になって集中出来なかった・・・と言いたいところだけど たぶん違う。ここのところ、調子に乗ってローラー練習をやりすぎて疲れが溜まっていたせい。数字的にも『普通』なら疲労が蓄積していくほどの量ではなかったのかもしれないけど、やはり50歳台半ばの回復力は『普通』ではなかった。これからはうまく調整していかないと。
ひるサイを終えて11:25帰宅。155km・1171mアップ。近所の方々と臼井の手によって しましまは綺麗なたくさんの お花と共に段ボール箱のお棺に収められ、うちの土間に安置されていた。これを見たらほんのちょっとだけ涙が出た。火葬できるのが月曜日とのことで、猫マスター宅はとても暖かいので、涼しい(?)うちで預かることになったみたい。ちゅーるも備えられていた。さらに、スマートフォンの中から しましまの写真を探し出し、印刷して遺影として飾った。立派な祭壇になった。
f:id:naranikki2:20190314151452j:plain
この日の夜は、遊びに来た ぶーさんといつも以上にベタベタした気がします。

レースで流し?

体重=60.6㎏・体脂肪=7.0%
週末の激練に備えて完全オフにしようかな。ずーっと休みなく実走orローラーを続けてきたし。
でも、ズイフト面白いからズイフトしよう。単なる流しではなく、今日もレースで。無理して強度をあげず、後ろの集団でサラーッと走れば回復走が出来るんでないかいな?
36kmのレースにBクラスで参加。予定通りに最初の登りでのドンあげには反応せず、後ろの集団で走る。平地は集団内でサラサラと走り、登りごとに先頭に出ていって踏みを入れて集団リストラ作業。そのまま最後まで走って終了。計算上はTSS100いっていないはずなのではず疲れは残らないはず?

DNFのちWringer

体重=61.6㎏・体脂肪=6.9%
今日はバッチリと追い込んでみようのデー。20分ほどしっかりとアップしてから4:00からの60kmレースに参加。クラスはB。
まあまあいい感じで序盤から中盤にかけて走れていたのですが、25km地点で棚から床に落っことしたオヤツを拾おうと体を変な風に捻ったら、肩のあたりがノートPCにコツン。ノートPCが動いて、ANT+のドングルが何かに当たって接触不良?になっちゃいました。パワーを拾わなくなってしまったので、泣く泣くDNF。あーあ。
立ち上げ直して、気を切り替えてメニュー練習。ズイフトに標準装備されているThe Wringerというワークアウトをやってみました。FTPの205%を30秒12本のインターバル練習。
キツい!けど、なんとか完遂。レースよりもこういうメニューの方が効果的かもね。

ロンドン観光

体重=61.0㎏・体脂肪=7.1%
なんかちょっと疲れたー。今日は休みにして、明日はズイフトでばっちりと追い込もうっと。
と言うわけで、今日の朝ズイフトは流し。『グループライド』というイベントにはつ参加してみました。ジェニファーさんと一緒にロンドン観光一時間。指定の出力で淡々と走るイベントのようです。
なるほど、淡々。気持ちのいい流しペースです。ただ、中盤以降は強度をちょびっとだけあげて刺激をいれたかったので、やっぱり指定強度を守っていない面々と前にいって箸って終了。
ロンドン観光の方は・・・テムズ川の案内が途中で表示されたのはわかりましたが、他の名所の案内はまったくわからず(表示されたのかな?)。ビッグベンとウェストミンスター寺院は案内梨でもなんとなくわかりましたが、他はまったくわからず。せっかく走ったのにたいした観光にはなりませんでした。
スマートフォンにズイフトコンパニオンというアプリをいれてみました。過去のアクティビティを見ることが出来るみたい。
そしたらわかりました!
土曜日と日曜日に出たレースは、Cクラス・Dクラスとも上位にいけないズブズブの結果だと思い込んでいたのですが、違いました。私が出たレースはABCD同時スタートで、私がみていた順位はカテゴリわけ無しの総合のもの。
Cクラス単体なら二位と、Dクラス単体なら優勝・優勝でした。なーんだ。ワールドワイドなズイフターの皆様、クラス詐称での詐欺出走を疑ってすみませんでした。詐欺していたのは私でした。
というわけで、明日からはBクラスのレースに出走しようっと。

2018-2019シーズン最終くるくる

体重=60.3kg・体脂肪率=7.0%
『今日もズイフトっちゃうぜ~』的な気持ちはマンマンだったのではありますが、今日は(私としては週に一度の)あさサイデー。しかも、2018-2019クルクルあさサイ最終日。しかも、未明まで降っていた雨はやんじゃった~。
普通にあさサイへ。未明までの雨の影響下メンバーは少なめ。実際は、土手上反復のクルクルコースは水はけがよく、濡れ度ほとんどゼロで普通に走れました。

2019あさサイクリスト:今井・佐野・奈良
回数=12 ユニーク人数=10 のべ人数=43

クルクルあさサイ最終日は三往復六本のクルクルスプリント合戦。佐野・奈良の一騎打ちの形になりましたが、結果は佐野くんの圧勝。
『トップケイデンスは佐野くんが上。全体を通してのペース配分は奈良が上(かもね)』という状況において、ゴール前まで二人で行ってのクルクルスプリントの形になったら、とてもじゃないけど佐野くんには勝てない。そして、今日は道中でもまったく差をつけることが出来ず(というか、私が必死こいて食らいつく展開)にて、最初から勝負は決まっていました~。
優勝者の佐野くんには、豪華賞品の『ひよこちゃんセット』を贈呈!おめでとうございます。ありがとうございました。
スタートの時点から かなり明るくなってきているので来週からは普通に走りますが(予定)、せっかくなので たまにはスポット的に回転練習も入れてクルクル度を維持したいトコロですね。
お疲れさまでした!